ダイエットプーアール茶口コミ情報局!

ダイエットプーアール茶口コミ情報局2016

ダイエットでお茶を飲んでいる方は多いと思います。ダイエットに効果があるお茶はたくさんあり、お茶に含まれる成分や効能は様々です。ここでは、お茶の各種効能と飲み方をご紹介します。

 

プーアル茶がダイエットには向いている

 

プーアール茶、黒ウーロン茶、杜仲茶、緑茶等は体内へ脂肪吸収を抑え、脂肪燃焼を促す効果があります。また、体内に蓄えられた脂肪も燃焼しやすくなるので運動の前に飲むと脂肪燃焼率が高くなります。また、利尿効果が含まれているので、体内にたまった毒素を流し体内を綺麗で健康な状態に導いてくれる効果があります。ただし、普段から脂肪が少ない食事をしている方や体脂肪率が少ない方が大量に摂取すると胃が荒れてしまう場合があるので注意が必要です。脂肪燃焼効果を高めることで基礎代謝が良くなり、脂肪が燃えやすく太りにくい身体を作ることができます。
その中でもやっぱりプーアル茶が一番ダイエットには向いています。

 

ごぼう茶や麦茶等には、食欲を抑制する効果が期待できます。つい食事を食べすぎてしまう方や間食をしてしまう方にお勧めです。さらに、便秘解消やむくみを解消する効果があります。便秘がちな方は、ぽっこりしたお腹が解消され、腸内環境が改善され体内から綺麗な身体を作る効果があります。麦茶には血液をきれいにする効果もあるので冷え性解消のも効果があります。

 

ダイエット茶の飲み方

1日の摂取目安は、1リットルから2リットル程度です。ダイエットに良いからとそれ以上飲みすぎるとむくみの原因になったり、利尿作用が利きすぎてしまう場合があります。冷たいお茶は避け、常温か温かいお茶を飲むようにします。冷たいお茶は喉越しが良く気持ちが良いのですが、身体を冷やしてしまう原因になるので避けた方が良いです。お茶には利尿効果が含まれているタイプが多くあります。そのため、少しずつ何回かに分けて飲むようにし、まとめて一気に飲まないようにして下さい。

 

「飲むタイミング」
お茶は、食事中、運動や入浴の30分ほど前に飲むと効果的です。お茶の成分で利尿効果が含まれているお茶やカフェインが含まれているお茶は、長時間トイレに行けない場合や夜寝る前に飲むのは避けた方が良いです。

 

「お茶を飲むときの注意点」
お茶のほとんどにタンニンが含まれています。これは鉄分を吸収してしまうので貧血気味の方のお茶の摂取は注意が必要です。特に食事中や食事の前後1時間位はお茶を控えた方がよいでしょう。
お茶にはカフェインが含まれている種類が多くあります。お茶1杯のカフェインの量は約30ミリグラムです。成人の1日のカフェインの摂取量の上限は約400ミリグラムです。コーヒー1杯のカフェインの摂取量は約90ミリグラムです。コーヒーを飲む人はカフェインの摂取量に注意が必要です。

 

参考サイト プーアル茶ダイエットについて
URL http://arcompassion.org/